医薬品や同じ働きを持つサプリメントとメタバリアSとの併用は避けるべき


食事の前に水と一緒に服用することで、糖質の吸収を抑え、腸内の善玉菌を助けてお通じを良くするというメタバリアS。各種メディアでは身体に負担を掛けずに減量できるダイエット補助食品として紹介されており、口コミでも高い評価を得ている製品です。

 

これまでと食生活を変えることなくダイエットできるというこのサプリは、糖質が気になるけれど食事制限はしたくないという人に非常に魅力的に映ることでしょう。しかしダイエットしたい人であれば誰であっても、メタバリアSを服用できる訳ではありません。例えば未成年者、妊婦、授乳期間中や治療中の人が服用する場合には専門医に相談する必要があります。

 

特に糖尿病で通院し、服薬中といった事情があるなら、主治医の先生の指示を仰ぐようにして下さい。別に糖尿病でなくても何らかの薬を処方されているのであれば、メタバリアSの服用は慎重に検討すべきです。素人判断で治療薬とダイエットサプリと併用することのないようにしましょう。仮に独断で併用するようなことがあれば、身体に不測の負担を掛けることにもなりかねないからです。

 

従って服薬中の人は、医者とか薬剤師の助言を求めるべきなのですが、その際に成分一覧表を用意しておいた方がより相談しやすくなるでしょう。その成分一覧表も販売元に請求すれば送付してくれるので、欲しい人はカスタマーサポートまで連絡して下さい。

 

また下記のフリーダイヤルでも飲み合わせや成分に関する問い合わせに応じているので、気になることがあれば遠慮せずに聞いてみるのも一つの方法です。尚、このフリーダイヤルの受付時間は午前9時から午後8時迄、年末年始は対応していないので気を付けて下さい。

 

電話番号  0120-241-946

 

 

ビタミンや美肌サプリメントとの併用は問題なし

 

医薬品とメタバリアSの併用は控えるべきだとしても、他のサプリメントと併用しても問題ないのでしょうか?

 

サプリメントというのは便利なアイテムで、通常の食事だけでは補給しきれない栄養素を効率よく摂れるので愛用者も多いはずです。実際のところ、健康や美容の為に摂取すべきと分かっていても、その成分が入っている食物が食べられないとか、必要量を補給することが難しい時にこれがあると重宝しますよね。

 

しかもサプリメントは種類も豊富で、特定の成分だけ摂取できるものから1粒で幾種類もの栄養素が賄えるマルチビタミンのような製品もあります。ですから自分に不足していたり、必要だと思われる成分が含まれたサプリメントを自由に選んで健康管理や美容に役立てることができる訳です。現にビタミンが足りないとか、肌を綺麗にしたいといった理由で何種類ものサプリを購入している人も存在します。

 

幸いなことに、それらのサプリメントとメタバリアSを組み合わせて飲んでも特に支障はないそうです。ですから既に幾種類か併用している人が更にメタバリアSを利用しても大丈夫でしょう。ただ一度に多くのサプリを摂ってしまうと、肝心の成分が上手く吸収されないことがあるので、出来る限り分けて服用するようおススメします。

 

尚、組み合わせて服用しても問題が無いのは、ビタミンや美肌作りのサプリメントの類の話であって、併用を控えた方が良いサプリもあるので注意して下さい。。具体的にはメタバリアSと同じ作用を持つサプリメントがそれです。

 

効きすぎて糖質不足になるのも問題

 

メタバリアSのように糖質が体内に取り込まれるのを抑制するサプリメントなら他にもあります。例えばダイエットサプリとしてメタバリアSと並んで高い知名度を誇るFANCLのカロリミットなどはその代表でしょう。こうした同じ目的や働きを持つサプリメントと一緒に摂取すると、効き目が強くなり過ぎてしまうんですね。

 

利用者の中には「カロリミットとメタバリアSを同時に飲めば効き目がパワーアップするのではないか...」と考えている人もいるかもしれません。早く成果を出したいと焦る気持ちは分かりますが、それは止めて下さい。

 

ダイエッターにとってお荷物のように思える糖質も、実は人間が活動していく上で欠かせない栄養素だからです。たとえダイエット中であっても一定量の糖質は必要となるので、仮にそれが不足するようなことになると、気持ちが落ち着かなくなったり、集中力が続かなくなったりといった欠乏症がでる恐れがあります。

 

つまり同じタイプのサプリメントを複数使うことで作用が効きすぎてしまい、こうした弊害が生じる恐れがある訳です。他にもカロリミットとの併用でお腹がゆるくなるなどの体調不良を起こした例も報告されています。

 

従ってメタバリアSでもカロリミットやその他の製品であっても糖質の吸収をブロックするサプリメントを服用する場合は、どれか1種類に限定して下さい。

 

カロリミットとの比較、併用について

 

そうなると同じ効能を持つサプリの中から何を選べば良いかということになるでしょう。その際、各サプリメントの配合成分や効果効能の細かな相違点が選択基準になると思われます。

 

ここでは糖質カット効果のあるサプリの中でも特に人気の高いメタバリアS、カロリミットの2つの商品を比較してみましょう。

 

機能性関与成分

 

この2つのサプリメントは何れも機能性表示食品として消費者庁への届け出がされている製品ですが、機能性関与成分は異なります。メタバリアSの配合成分の中で特に重要なのはサラシノールであるのに対して、カロリミットはギムネマ酸、インゲン豆由来ファセオラミン、桑の葉由来イミノシュガー、エピガロカテキンガレートそれにキトサンを主要成分としているのです。

 

サラシノールの働きとメタバリアSの特徴

 

メタバリアSの機能性関与成分サラシノールは、植物のサラシアに由来する成分で、糖が小腸で消化酵素によって分解されるのを抑える作用があります。糖というのは体が取り込むことができる大きさにまで分解されないと吸収されないことから、この作用に因って食べた後でも血糖値を制御する効果が期待できるという訳です。

 

一方、消化酵素によって分解されなかった糖はそのまま大腸に送られてビフィズス菌の栄養分として使われます。その結果、善玉菌が増殖するので腸内環境の改善にも繋がるのだとか。

 

そんな効果のあるメタバリアSを使えば、きちんと食事を摂りながら減量できるので、食事制限で辛い思いをする必要もありません。健康診断の結果が思わしくなかった人や、体脂肪が気になり始めた人などが、身体に負担を掛けずに無理なくダイエットを続けたい場合におススメできるでしょう。

 

脂質の吸収も抑えてくれるカロリミット

 

一方のカロリミットにも糖質の吸収をブロックしたり、食事の後の血糖値を安定化させる効果があります。その点、メタバリアSと似ていますが、こちらには更に脂質の吸収を抑制する作用もある点が特徴です。そのため血糖値だけでなく、血中中性脂肪値をコントロールするのに役立つと言われています。

 

そんなカロリミットは、減量したいけれど食事制限をしてもなかなか我慢できない美食家の人に適しているとサプリだと思います。美味しい料理というのは少なからぬ糖質や脂質が含まれているものですが、カロリミットを服用することで、それらが体内に吸収されるのを抑えられるでしょう。

 

服用にあたって気をつけること

 

以上の説明から、メタバリアSの使用にあたっては、医薬品は勿論、種類によっては他のサプリメントとの併用で問題が出かねないことがお分かり頂けたと思います。

 

公式サイトなどではメタバリアSと併用できないサプリメントの具体的な名前は示していません。しかしカロリミットなどと併用すると、効果が高まるよりも安全性や効率性の上で却ってマイナスとなる恐れがある訳です。

 

それ以外のサプリメントとの組み合わせの可否についても、カスタマーサポートに聞くなどして確認しておくとよいでしょう。

 

又、併用しない場合でも体調に変化が生じることがあります。

 

副作用については基本的にはメタバリアSは医薬品ではなく健康補助食品であるため、さほど気を遣わなくて良いと思われます。しかし中には配合成分が体質的に合わず、一時的に不調が現れたり、お腹が緩くなったりするケースもあるそうです。

 

万が一、そのような異常を覚えた場合には服用を中止し、専門医の意見を聞くようにして下さい。体質的に合わない時は無理に服用を続けないことが大切です。

14日間のお試しパックが500円(税抜き)!まずはちらで試して見るのがおすすめです!

お試しパックの詳細はこちら

ページの先頭へ戻る